2017/06/24 15:00

ダニエル・トンプソン監督、セザンヌとゾラどちらにシンパシーを感じた?

ダニエル・トンプソン監督
ダニエル・トンプソン監督

 [映画.com ニュース] 画家のセザンヌと作家のゾラの友情と決別を描いた「セザンヌと過ごした時間」が6月24日、開催中のフランス映画祭2017で上映され、ダニエル・トンプソン監督が東京・有楽町朝日ホールでのティーチインに臨んだ。

 近代絵画の父と称されるフランスの画家ポール・セザンヌと文豪エミール・ゾラ。幼い頃から40年にわたり友情を育み、芸術に打ち込んできた2人だったが、立場の違い、そしてゾラが発表したある小説をきっかけに、関係に亀裂が入る。

 トンプソン監督は、絵画と文学の世界で名を成した2人の関係を数年前に知ったという。「幼い頃から友情を築き、そして仲違いした。これは映画になりうるドラマチックな題材なのではないかと感じました」と振り返る。

 脚本も自ら執筆しているが、子どもの頃から大人になるまで交わされていた2人の往復書簡、伝記、そして劇中に登場する、ゾラがセザンヌをモデルに執筆し関係悪化の原因となった小説「制作」などを参考資料に「史実と虚構、ゾラの小説をミックスしてエピソードを作り上げていった」と明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >