2017/06/24 21:20

内田伸輝監督作「ぼくらの亡命」、念願のサハリン国際映画祭出品決定!

いざ、サハリンへ!
いざ、サハリンへ!

 [映画.com ニュース] 「おだやかな日常」「さまよう獣」で知られる内田伸輝監督の最新作「ぼくらの亡命」が6月24日、東京・渋谷のユーロスペースで封切られ、内田監督をはじめ主演の須森隆文、櫻井亜衣、松永大輔、入江庸仁、鈴木ひかり、椎名香織、森谷勇太が舞台挨拶に立った。

 第17回東京フィルメックスのコンペ部門で上映され、公開前から議論を巻き起こした今作は、内田監督が約7年ぶりに完全自主製作のスタイルをとった意欲作。“他者への依存”をテーマに、東京近郊の森でテント暮らしをしながら、人々への恨みを書道にしてテントに貼りつける昇(須森)と、美人局の片棒をかつがされている女性・樹冬(櫻井)の風変わりな恋愛模様を映し出す。

 この日は、8月25日~9月2日にロシア・ユジノサハリンスク市で開催される第7回サハリン国際映画祭IFF“ON THE EDGE”「世界の果て」に出品されることが発表された。同映画祭は気骨にあふれたアジア、ロシア映画を積極的に上映しており、2013年には中野量太監督作「チチを撮りに」がグランプリ、16年には矢崎仁司監督作「無伴奏」が準グランプリに輝いている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >