2017/06/25 14:00

エドゥアール・ベール、監督・脚本・主演作の日本公開未定も「近くのカフェで売り込んで」

監督、脚本、主演をひとりで務めた エドゥアール・ベール
監督、脚本、主演をひとりで務めた エドゥアール・ベール

 [映画.com ニュース] 開催中のフランス映画祭 2017で映画「パリは今夜も開演中」の監督、脚本、主演をひとりで務めたエドゥアール・ベールが6月24日、東京・TOHOシネマズ日劇での舞台挨拶に登壇。わずか10分ほどのトークだったが、軽快なマシンガントークで会場に集まった人々を魅了した。

 劇場支配人のルイジが、高名な日本人演出家の公演を前日に控え、様々なトラブルを解決すべく夜のパリを彷徨するというコメディ。「アメリ」のオドレイ・トトゥがルイジに振り回される女性、「沈黙 サイレンス」に出演したパリ在住の日本人俳優・笈田ヨシが日本人演出家のダザイを演じている。

 午後9時20分開演という遅い時間の舞台挨拶&上映となったが、会場はほぼ満員。「コンニチハ! コンニチハ!」と陽気にステージに登場したベール。鑑賞前の観客に対し、「みなさんに気に入ってもらえたら嬉しいんだけど…」と殊勝に語ったかと思えば、「まあ、なんなら見なくても周りに『面白い映画だ』って言ってもらえたらいいなと思います」と語り、会場は笑いに包まれる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >