2017/06/25 17:30

「ロボコップ」から新作「エル」まで 鬼才バーホーベンが創作の裏側を語る

ポール・バーホーベン監督
ポール・バーホーベン監督

 [映画.com ニュース] 「フランス映画祭2017」の企画の一環で、ポール・バーホーベン監督が創作の裏側を語り尽くすマスタークラスが6月24日、渋谷の映画美学校で行われた。

 オランダ出身のバーホーベン監督は、オランダでテレビ・映画作品を手掛けた後に、1980年代以降はアメリカに進出。ピーター・ウェラー主演の「ロボコップ」やアーノルド・シュワルツェネッガー主演の「トータル・リコール」、シャロン・ストーン主演の「氷の微笑」などで話題を集めた鬼才。近年はヨーロッパに戻り、「ブラックブック」「エル ELLE」といった作品を発表。過剰なまでのエロ・グロ・バイオレンス、そして皮肉に満ちた社会風刺描写などで、作品を発表するごとに常に話題を集めている。

 バーホーベン監督には熱狂的なファンが多く、この日のチケットは即完売。会場は映画製作を志す者たちの熱気に満ちあふれていた。「リング」の脚本家としても知られる高橋洋監督が聞き手を務め、まずは「過剰でありながらエンタテインメント性あふれる描写はなぜできるのか?」という質問からトークはスタートした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >