2017/06/26 06:00

高杉真宙主演、誉田哲也「世界でいちばん長い写真」映画化!今夏に撮入

実話を基にした青春群像的
実話を基にした青春群像的

 [映画.com ニュース] 「ストロベリーナイト」などで知られる人気作家・誉田哲也氏の小説「世界でいちばん長い写真」が、若手俳優・高杉真宙の主演で実写映画化されることが決まった。「にがくてあまい」の草野翔吾監督がメガホンをとり、今夏から原作小説の舞台である愛知・愛知・知多半島で撮入。公開は、2018年の初夏を予定している。

 原作小説「世界でいちばん長い写真」は、実話を基にした青春群像劇。目標もなく冴えない毎日を送っている主人公・宏伸は、祖父が営むリサイクルショップで風変りなカメラを発見する。それは世界一長いパノラマ写真が撮れるカメラだった。その日以来、モノクロだった宏伸の人生は、鮮やかなものに変わっていく。高杉が宏伸に扮し、実力派女優の武田梨奈が宏伸の従姉を演じる。

 主演の高杉は「台本を読んで、本当に爽やかな青春物語だと思いました。コミカルなところもあって、楽しく読みました」と述べ、「撮られることの多い仕事なので、自然と写真に興味が湧くようになり、専門的な事は全然わからないのですが、記念として撮ることは好きで、地方に行く時などはカメラを持って行きます。宏伸のような役は久しぶりなんですが、親近感を感じるところです」と役の印象を明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >