2017/06/26 16:00

大野智、重要文化財・伝法院での「忍びの国」ヒット祈願に一喜一憂

おみくじは大吉…とはならず
おみくじは大吉…とはならず

 [映画.com ニュース] 「嵐」大野智主演の戦国エンタテインメント大作「忍びの国」の大ヒット祈願イベントが6月26日、東京・台東区の浅草寺で行われ、大野をはじめ共演の石原さとみ、鈴木亮平、伊勢谷友介、メガホンをとった中村義洋監督が出席した。

 「のぼうの城」「村上海賊の娘」で知られる和田竜氏の小説を、中村監督のメガホンで映画化。織田信長の次男・織田信雄が独断で伊賀に侵攻し、敗走した天正七(1579)年の「第一次天正伊賀の乱」を題材に、怠け者だが最強の忍者と称される無門(大野)の活躍を描いた。

 和装姿の大野らは本堂での祈願を終えると、重要文化財に指定されている伝法院へ。普段は非公開となっているが、どんな門でも開けることができ「あやつの前に門なし、故に無門」と称される主人公・無門の名にちなみ、この日は伝法院へと続く“門”が特別に開かれた。「歴史のある場所に立たせてもらうことは中々ない。非常にありがたいです」(大野)、「この場所の存在を全然知らなかったので、とても気持ちがいいですね。五重塔のほかにも、東京スカイツリーも見える。華々しい新旧タワー対決が楽しめる点も、ひとつの醍醐味ですね」(鈴木)と心境を明かしていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おとなしく過ごしたいのに、引っ張りだされてストレスがたまり...もっと見る >