2017/06/28 11:00

「死霊館」シリーズ第3弾の製作が決定 前作「エンフィールド事件」の脚本家が執筆

写真は「死霊館 エンフィールド事件」 写真:PictureLux/アフロ
写真は「死霊館 エンフィールド事件」 写真:PictureLux/アフロ

 [映画.com ニュース] 米ニューライン・シネマの大ヒットホラー映画「死霊館」シリーズの第3弾が製作されることがわかった。

 実在の心霊研究家ウォーレン夫妻が追った事件を描く同シリーズは、2013年に第1作「死霊館」、16年に第2作「死霊館 エンフィールド事件」が公開されており、どちらもジェームズ・ワンが監督、パトリック・ウィルソン&ベラ・ファーミガがウォーレン夫妻役で主演。2作合わせて、世界興収6億3830万ドルを記録している。

 米Deadlineによれば、ニューラインは「死霊館 エンフィールド事件」の脚本家デビッド・レスリー・ジョンソンに、第3作の執筆を依頼しているようだ。ホラー映画を得意とするジョンソンは前作のほかに、「エスター」「赤ずきん」などの脚本を手がけている。監督・プロデューサー・共同脚本家のワンは多忙を極めることから、第3作のメガホンはとらず、プロデューサーとしてのみ関わることになりそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >