2017/06/29 08:00

森川葵&北村匠海&佐藤寛太、波長合わせて“三角関係”演じる「恋と嘘」

仲睦まじく撮影に臨む (左から)森川葵&佐藤寛太&北村匠海 (C)2017「恋と嘘」製作委員会 (C)ムサヲ/講談社
仲睦まじく撮影に臨む (左から)森川葵&佐藤寛太&北村匠海 (C)2017「恋と嘘」製作委員会 (C)ムサヲ/講談社

 [映画.com ニュース]「マンガボックス」で連載中のムサヲ氏による人気コミックを映画化する「恋と嘘」の撮影現場がこのほど、茨城・つくば市で報道陣に披露された。恋の三角関係に身を置いた主演・森川葵をはじめ共演の北村匠海(DISH//)、佐藤寛太(劇団EXILE)が取材に応じ、異色恋愛漫画の実写化に挑む日々を仲睦まじく語った。

 物語は自由恋愛が許されず、政府が遺伝子情報などをもとに最良の結婚相手を決める「超・少子化対策法」が施行された、近未来の日本が舞台。16歳の誕生日に届く、結婚相手を報せる“政府通知”を心待ちにしている女子高生・仁坂葵(森川)が、心優しい幼なじみ・司馬優翔(北村)と、政府が決定したぶっきらぼうなパートナー・高千穂蒼佑(佐藤)の間で揺れ動き、究極の決断を迫られる。

 この日は、特徴的な曲線を描くオブジェが印象的な公園で撮影。あと数10分で政府通知が届く葵は、優翔と公園で会うことになり、そこでまだ見ぬパートナーとの対面を想定した予行演習を行う。「見ての通り、なにもかも普通の高校一年生です」と、はにかみながら、たどたどしく自己紹介する様子に、優翔の秘めていた恋心があふれ出す。「好きだ」。ちょうどその時、葵の携帯電話に政府通知が届く。相手は誰か、2人の間に期待と不安が渦巻くなか、花束を携えた蒼佑が「仁坂葵のパートナーだ」と現れる。優翔は精一杯「おめでとう」と祝福するが、葵は蒼佑のドライな振る舞いに、言葉を失ってしまう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >