2017/06/29 12:00

米バラエティ、2017年上半期のベストフィルム13本を発表

仏の実力派俳優が結集した 「あさがくるまえに」も選出 (C)Les Films Pelleas, Les Films du Belier, Films Distribution / ReallyLikeFilms
仏の実力派俳優が結集した 「あさがくるまえに」も選出 (C)Les Films Pelleas, Les Films du Belier, Films Distribution / ReallyLikeFilms

 [映画.com ニュース] 米バラエティは6月21日(現地時間)、「2017年上半期のベストフィルム13本」を発表した。

 選者のピーター・デブルージュ記者とオーウェン・グレイバーマン記者は、「オスカーを見据えたクリストファー・ノーランやキャスリン・ビグローら、スタジオ系の新作が後半に集中するため、人々を満足させるクオリティの高い作品が乏しいと見られがちだが、今までのところ最大、かつ歓迎すべき驚きに満ちた作品をリストにした」と文中で説明している。

 バラエティが選出した2017年上半期のベストフィルム13本は、下記の通り(掲載順)。

 「Get Out(原題)」監督:ジョーダン・ピール、出演:ダニエル・カルーヤ、キャサリン・キーナー
 「Beatriz at Dinner(原題)」監督:ミゲル・アルテタ、出演:サルマ・ハエック、ジョン・リスゴー
 「The Big Sick(原題)」監督:マイケル・ショウアウター、出演:クメイル・ナンジアニ、ゾーイ・カザン
 「ベイビー・ドライバー」監督:エドガー・ライト 出演:アンセル・エルゴート、ケビン・スペイシー
 「Contemporary Color(原題)」監督:ターナー・ロス、ビル・ロス4世
 「あさがくるまえに」監督:カテル・キレベレ 出演:タハール・ラヒム、アンヌ・ドルバル
 「ヒトラーの忘れもの」監督:マーチン・ピータ・サンフリト 出演:ローラン・モラー、ミケル・ボー・フォルスガード
 「レゴバットマン ザ・ムービー」監督:クリス・マッケイ 声の出演:ウィル・アーネット、マイケル・セラ
 「ロスト・イン・パリ」監督・出演:ドミニク・アベル、フィオナ・ゴードン
 「ロー(英題)」監督:ジュリア・デュクルノー 出演:ギャランス・マリリエ
 「The Settlers(原題)」監督:シモン・ドタン
 「スプリット」監督:M・ナイト・シャマラン 出演:ジェームズ・マカボイ
 「ゼア・ファイネスト(原題)」監督:ロネ・シェルフィグ 出演:ジェマ・アータートン、サム・クラフリン

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おとなしく過ごしたいのに、引っ張りだされてストレスがたまり...もっと見る >