2017/06/30 13:00

役所広司主演「孤狼の血」撮影現場に満ちた圧倒的熱量 松坂桃李「攻めた現場」

ユニークな“男根占い”シーン
ユニークな“男根占い”シーン

 [映画.com ニュース] 第69回日本推理作家協会賞を受賞した柚月裕子氏の小説を、白石和彌監督のメガホンで映画化する「孤狼の血」の撮影現場がこのほど、報道陣に公開された。広島・呉市内のクラブを利用して行われた撮影には、主演の役所広司をはじめ、共演の松坂桃李、江口洋介、真木よう子、石橋蓮司らが顔をそろえ、思わず“息をのむ”ほどの熱演を披露した。

 「警察小説×『仁義なき戦い』」と評された原作小説は、暴対法成立以前の昭和の広島を舞台にした物語。捜査二課の新人・日岡(松坂)は、ヤクザとの癒着が噂される刑事・大上(役所)のもと、暴力団系列の金融会社社員失踪事件の捜査に着手。違法捜査も辞さない大上に戸惑いながらも、経験を積んでいく。やがて暴力団同士の抗争がぼっ発し、大上は大胆かつ強引な秘策に打って出る。

 この日行われたのは、真木扮する美人ママ・高木里佳子が勤めるクラブ「リコ」の店内を舞台にしたシークエンス。大上が、ただならぬ関係を持つ尾谷組の若頭・一之瀬(江口)らを引き連れて、捜査二課に配属された日岡の歓迎会を開き、酒を酌み交わしている。和装の里佳子に加え、華やかなドレス姿の女性たちとともに“血で血を洗う世界”から逃れ、束の間休息を味わっていた大上たちだったが、事態は急変。尾谷組としのぎを削る五十子会会長・五十子正平(石橋)が、傘下の加古村組の面々を従えて来店したことで、不穏な空気が漂い始めるという展開だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >