2017/06/30 23:30

藤竜也&神野三鈴、河瀬直美流“濡れ場”は「どこまでやるのか悩んだ」

藤竜也&神野三鈴
藤竜也&神野三鈴

 [映画.com ニュース] 河瀬直美監督作「光」の劇中映画として製作された短編作品「その砂の行方」の公開記念トークイベントが6月30日、東京のシアター・イメージフォーラムで行われ、出演者の藤竜也と神野三鈴が登壇した。

 「その砂の行方」は、「光」に登場する北林(藤)が監督し、吉原重三役で出演しているという設定。「光」の劇中で使用された部分だけでなく、16分間のオリジナル短編映画として製作された。かつてサンドアートで名を馳せた重三は、認知症を患う妻・時江(神野三鈴)と人里離れた場所に暮している。家に留まることに固執する重三は、度々家を抜け出し、徘徊する時江を強引に連れ戻していた。そんなある朝、時江が姿を消したことで、重三は20年ぶりに駅へと向かい、たどり着いた海辺の町でひたすら時江を探し続ける。

 「撮入前、本作の壮大なシノプシスをいただいたんです。この男女の若い時から現在に至るまでのヒストリーが記されてあった」という藤は、「本当は長編で撮っていただきたいくらい」と胸中を吐露。すると、神野は「シノプシスをよりどころにして、アドリブで芝居を進めていったんです」と2日間の撮影を述懐し「使われていないシーンがたくさんあります。タンゴを踊るように、藤さんのリードに任せていました。私が何をしても藤さんが応えてくださる。その空間の中、2人で生きていて、すごくすごく幸せでしたね」と充実の日々を振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >