2017/07/01 22:45

庵野秀明、宮崎駿&高畑勲の製作現場を比較

 [映画.com ニュース] 米林宏昌監督がスタジオジブリ退社後に初めて手がけた長編アニメーション映画「メアリと魔女の花」の公開記念鼎談(ていだん)が7月1日、東京・イイノホールで行われ、本作のプロデューサー・西村義明氏、スタジオカラーの庵野秀明、ドワンゴ取締役会長である川上量生氏が出席した。

 「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」で知られる米林監督の最新作で、同じくジブリ出身の西村プロデューサーが設立したスタジオポノックによる第1回長編作品。イギリス人作家メアリー・スチュアートの児童文学「The Little Broomstick」を原作に、魔女の花を見つけたことから魔法世界に迷い込んだ少女メアリの冒険を描く。

 ドワンゴ、カラー、スタジオポノックの3社は、2015年に手描き職人による背景美術スタジオ「でほぎゃらりー」を設立。この日は背景美術の話題を中心に話が進み、西村氏が「手描きとデジタルってあるじゃないですか。今はアニメーション背景の9割がデジタルですよね」と指摘すると、庵野も「デジタルで描いているところの方が多いですよね」と認める。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ひっそりと静かに過ごしたい気分。早々に家に帰り、好きな読書...もっと見る >