2017/07/06 09:00

勝地涼&広瀬アリス「パワーレンジャー」に感じた挑戦心「戦隊ものの概念を覆された」

 [映画.com ニュース] 日本の特撮「スーパー戦隊」シリーズの英語版ドラマを映画化した「パワーレンジャー」の日本語吹き替え版で声優を務めた勝地涼と広瀬アリスが映画.comのインタビューに応じ、アフレコの舞台裏や作品の魅力を語った。

 不思議なコインを手にしたことで超人的なパワーを得た5人の高校生が、世界を滅ぼそうとする悪の戦士に戦いを挑むさまを、迫力のスケールで描く。勝地がレッドレンジャーとなるジェイソン(デイカー・モンゴメリー)、広瀬がピンクレンジャーとなるキンバリー(ナオミ・スコット)を演じるほか、杉田智和、水樹奈々、鈴木達央といった人気声優陣がブルー、イエロー、ブラックといったレンジャーにそれぞれ扮する。加えて、お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太が5人をサポートするロボット・アルファ5、古田新太が元レッドレンジャーのゾードン(ブライアン・クランストン)を演じる。

 総製作費約120億円を投じた圧巻の映像表現が話題を呼んでいるが、勝地は「基地のシーンには圧倒されました。“どこで撮影しているの?”って。どこまでがCGなのかもわからない。冒頭の、ジェイソンが牛を置いて逃げる際のアクションのカメラワークも面白いですし。スーツ1つにしてもすごかった」と興奮気味に話す。中でも、「(レンジャーが操る大型戦闘マシン)ゾードが横一列で走っていくときに主題歌の『GO GO POWER RANGERS THEME』が流れるんですが、あれを聞いたときに“よく見ていたやつだ!”と一気に懐かしい気持ちになりました。たまらないですよね!」と見る者を童心に返らせてくれる演出に心打たれたという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >