2017/07/06 23:25

ロジャー・パルバースが反戦映画の名作紹介、大学生に講義

 [映画.com ニュース]大島渚監督の「戦場のメリークリスマス」で助監督を務めたアメリカ出身の作家ロジャー・パルバースが、太平洋戦争下の沖縄を舞台に書いた小説を、自身の脚本、初監督作品として映画化した「STAR SAND 星砂物語」の公開を前に7月6日、目白大学社会学部で「戦争映画の読解力(リテラシー)」と題した講演を行った。

 ベトナム戦争への反発から、パリ、ワルシャワの大学に留学後、来日し、日本の地を踏んで50年になるというパルバース監督。「旧ソビエトに行ったのは20歳の時。その時は共産主義でアメリカの敵だった。モスクワに1週間滞在したが、僕が会ったロシア人は親切な人だった。人間はどこに行っても同じだと思った。みな、同じ憧れがあって、乱暴があって、家族のために幸せになってほしいと考える。どうして戦争があるのかと思った」と当時を振り返る。

 そして、「本当の知識とは未来を予言するもの。過去を受け継ぐのではなく、子や孫から未来を借りるということ。それを裏切ると将来はない」と訴え、「西部戦線異状なし」「ジョニーは戦争へ行った」「野火」「ビルマの竪琴(1956)」「父と暮せば」など、反戦をテーマにした名作を紹介。「この映像を見て、自分の国のことだと想像できますか?」と20代の学生に問いかけた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >