2017/07/07 17:00

インドの異色社会派法廷劇「裁き」 世界が注目の新鋭チャイタニヤ・タームハネーに聞く

 [映画.com ニュース]第71回ベネチア映画祭ルイジ・デ・ラウレンティス賞とオリゾンティ部門作品賞を受賞したインド映画「裁き」が7月8日公開する。ハリウッド・レポーターの「世界で最も将来が期待されている30歳以下の映画監督」に選出された、新鋭チャイタニヤ・タームハネー監督が作品を語った。

 自殺を扇動する歌を歌ったとして逮捕された老歌手をめぐる裁判の行方を、裁判に関わる人々の私生活を交えながら、独特の視点で描いたインド発の法廷劇。階層や民族、言語、宗教の異なる様々な人々が生きる複雑なインド社会への鋭い洞察を盛り込んだ作品だ。
 実際に裁判を実際に傍聴したことが本作製作のきっかけだという。「そこにはテレビで観るものとは異なるストーリーやユーモアがあった。物事は整理されていないし、マイクもないし、弁護士も弁舌さわやかなわけではなかった。それで興味を持って、深く掘り下げようと思ったんだ」

 そしてその興味はインドの司法制度に移る。「司法機関は公的なものだが、人の生死を決定する権限を与えられている暴力的な機関でもある。また、階級や文化など異なるバックグラウンドを持つあらゆる人々が交流し協力し合うプラットフォームであるともいえる。私は、裁判官、検察官、弁護士という司法に関わる人々の人物像を探ることに興味があったんだ。彼らは権威である一方、組織の規則、手続き、序列といったものの奴隷であるともいえる。また、彼らといえども、市井の人々と同じ社会的、文化的、家族的な起源を持っている。唯一の違いといえば、彼らは権力を持つ地位にいることだ。そういう意味で、この映画は社会や集団の研究であるとも言えるんだ」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >