2017/07/07 17:00

真田広之、SFホラー「ライフ」で監督から演技禁止令?「俳優に見えた瞬間“バツ”」

撮影では俳優陣をけん引することも多かったという
撮影では俳優陣をけん引することも多かったという

 [映画.com ニュース] 地球外生命体の恐怖を描くSFホラー「ライフ」で、ジェイク・ギレンホール、ライアン・レイノルズ、レベッカ・ファーガソンと共に宇宙飛行士を演じた真田広之が、作品の舞台裏を語った。

 火星で採取した地球外生命体の細胞を国際宇宙ステーション(ISS)内で極秘調査する6人の宇宙飛行士たちが、高い頭脳を持ち、次第に進化する生命体に追いつめられていくさまを描く。「デンジャラス・ラン」でもレイノルズと組んだダニエル・エスピノーサ監督がメガホンをとった。真田は、チーム一のベテランでシステム・エンジニアのショウ・ムラカミに扮している。

 「リング」シリーズにも出演した真田は、本作の“恐怖演出”について「日本のホラーの湿気でもなく、かといってハリウッドにありがちな“おどし”的なものでもなく、(スウェーデン出身の)監督の持つ独特な恐怖に対するセンスが出ています」と解説する。「正体すら未知、というのが1番怖いですよね。また、キャラクターごとに(生命体を)見る目が違うと思うんです。僕が演じたキャラクターは、(物語の中で)新しい家族が生まれたことで里心が芽生え、喜びと同時に弱みも持ってしまう。任務と帰りたいという思いのはざ間で戦うから、他の人物よりも恐怖が倍増しているんです」と多様な恐怖が内包されていると語り、「この夏は、お化け屋敷の代わりに『ライフ』を見てください」と力をこめる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >