2017/07/11 16:00

ベルリン映画祭監督賞「君はひとりじゃない」は人間ドラマ?ホラー?映画ライターが徹底討論

(左から)高橋諭治氏、森直人氏
(左から)高橋諭治氏、森直人氏

 [映画.com ニュース]第65回ベルリン国際映画祭で最優秀監督賞(銀熊賞)を受賞し、ポーランドのアカデミー賞といわれるイーグル賞で作品賞・監督賞ほか主要4部門に輝いた「君はひとりじゃない」の試写会が、7月10日に都内で開催された。上映後には、ジャンルが混じり合った幾通りもの解釈が可能な本作を読み解くべく、映画ライターの高橋諭治氏と森直人氏が意見を戦わせ、独特の解釈、分析が行われた。

 ポーランドの俊英女性監督マウゴジャタ・シュモフスカによる本作。突然、母のヘレナを亡くした娘・オルガ(ユスティナ・スワラ)と父ヤヌシュ(ヤヌシュ・ガヨス)。悲しみに暮れる父娘は、セラピストのアンナ(マヤ・オスタシェフスカ)の独創的なセラピーを受けるうち、気持ちに変化が生じていく。

 本作の際立った特徴といえるのが、シリアスな人間ドラマのように見せつつ、随所に“霊”の存在をほのめかす描写が散りばめられている点。森氏は「大きく言うとセラピー映画だけど、ホラーの文体でそれを描いている」と語る。映画の中で、邦題の由来ともなった60年代のヒット曲で、各国のサッカーチームでサポーターズソングとしても愛されている「You'll never walk alone.」がスピーカーから突然、勝手に流れるシーンがあるが、高橋氏は「亡くなった母・ヘレナが起こしたと考えるなら、(自身の死後)ダメな人生を送っている娘と夫に『見守っている』と伝えていると解釈できる」と分析する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >