2017/07/14 14:00

「パワーレンジャー」の“通”な見方は?デイカー・モンゴメリー&ナオミ・スコットが解説

(左から)デイカー・モンゴメリー、ナオミ・スコット
(左から)デイカー・モンゴメリー、ナオミ・スコット

 [映画.com ニュース]製作費約120億円を投じ、日本の特撮「スーパー戦隊」シリーズの英語版ドラマを映画化した「パワーレンジャー」に出演した若手スター、デイカー・モンゴメリーとナオミ・スコットが来日し、作品の舞台裏について語った。

 不思議なコインを手にしたことで超人的なパワーを得た5人の高校生が、正義の心に目覚め、世界を滅ぼそうとする悪の戦士に戦いを挑むさまを描く。モンゴメリーがレッドレンジャーとなるジェイソン、スコットがピンクレンジャーとなるキンバリーをそれぞれ演じている。

 オーストラリア出身のモンゴメリーは本作に続いてNetflixの人気SFドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」の新シーズンに出演し、イギリス出身のスコットはガイ・リッチー監督の実写版「アラジン」のジャスミン役候補に挙がるなど、スター街道を今まさに駆け上がっている最中。「本作ですごく成長したと思う。大学を卒業する直前にこの役が決まったんだ。泳ぎ方も知らないのに、プールの1番深いところにぽんと投げ込まれたような感じさ! 本作でハリウッドデビューできて本当にラッキーだったよ」(モンゴメリー)、「アクションものは初めてだったから、トレーニングや殺陣について多くを学んだわ。それが1番の成長といえるかもしれない」(スコット)と充実の表情を浮かべる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ひっそりと静かに過ごしたい気分。早々に家に帰り、好きな読書...もっと見る >