2017/07/14 15:45

北乃きい、「銀魂 ミツバ篇」の変顔に自信「ファンがいなくなってもいいと思うくらい振り切った」

吉沢亮と共に姉弟役に挑戦 (C)空知英秋/集英社 (C)2017映画「銀魂」製作委員会 (C)2017 dTV
吉沢亮と共に姉弟役に挑戦 (C)空知英秋/集英社 (C)2017映画「銀魂」製作委員会 (C)2017 dTV

 [映画.com ニュース]空知英秋氏のヒットコミックを、福田雄一監督と小栗旬のタッグで実写映画化した映画「銀魂」(公開中)のdTVドラマ版「銀魂 ミツバ篇」のプレミアム先行試写会が7月13日に大阪・阪急うめだホールで行われ、本作で姉弟を演じた北乃きいと吉沢亮が参加した。

 「ミツバ篇」は、「泣けるエピソード」として原作ファンに根強い人気を誇る。江戸の治安を守る真選組の隊長・沖田総悟(吉沢)の姉ミツバ(北乃)を軸に、ミツバと副長・土方十四郎(柳楽優弥)の悲恋、結婚を機に江戸を訪れたミツバをめぐる陰謀に坂田銀時(小栗)と真選組の面々が挑んでいくさまが描かれる。

 沖田は、普段は“ドSキャラ”だが、愛する姉の前ではひょう変するという“シスコン”の一面を持つ。吉沢は「超ドSで淡々と毒を吐く腹黒い役でした。でも、姉が大好きで大好きでたまらないという仮面の裏に隠れている不器用な部分や真選組を想う気持ちが、dTVのミツバ篇にはギュッと入っていると思います」と沖田の新たな一面が見られると語る。一方、北乃は「おしとやかで病弱ですが、芯がぶれない女性だと思います。声のトーンを高くしたり、テンポを遅くして、アニメと似せるよう努力しました。せき込むところは、芸能生活を14年してきて、やったことがないような初めての顔をしました。ファンとかいなくなってもいいやと思うくらい振り切ってやりました(笑)」と役作りを明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おとなしく過ごしたいのに、引っ張りだされてストレスがたまり...もっと見る >