2017/07/16 06:00

萩原みのり&久保田紗友、ダブル主演作公開に充実の笑顔「この映画が大好きです!」

二人の女子高生の心の交流を描く
二人の女子高生の心の交流を描く

 [映画.com ニュース]第29回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門で上映された「ハローグッバイ」が7月15日、全国14館で封切られ、東京・渋谷ユーロスペースで行われた初日舞台挨拶に、ダブル主演を務めた萩原みのりと久保田紗友、共演の渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz)、渡辺真起子、岡本夏美、もたいまさこ、川瀬陽太、メガホンをとった菊地健雄監督が登壇した。

 本作は、同じクラスでも全く交わることのないタイプの異なる2人の女子高生・はづき(萩原)と葵(久保田)が、それぞれに問題を抱えるなか、認知症のおばあさん(もたいまさこ)との出会いをきっかけに交流を持ち、ぶつかり合いながらも次第に認め合っていく姿を描いた青春映画。2015年に「ディアーディアー」で監督デビューを飾った菊地監督の長編第2作だ。

 萩原と久保田にとって、もたいの存在は「私たち、本当にもたいさんのことが大好きすぎて…」と話すほど安心感をもたらしていたようだ。「カメラが回っていない時も、役同様に3人でいてくれました。商店街での撮影では、私と紗友ちゃんが『お団子が美味しそう』と話していたら、あとで買ってきてくださったんです」と萩原が語ると、もたいは「(2人が)可愛かったです。去年の今頃に撮影していたんですが、暑さを乗り越えて皆で頑張りましたね」とニッコリ。その言葉を受けて久保田は「もたいさんのおかげです。ありがとうございます」とほほ笑みかけていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >