2017/07/17 13:45

ゾンビ映画の始祖ジョージ・A・ロメロ監督が死去

ジョージ・A・ロメロ監督 Photo by Laura Lezza/Getty Images
ジョージ・A・ロメロ監督 Photo by Laura Lezza/Getty Images

 [映画.com ニュース] ゾンビ映画の始祖として知られるジョージ・A・ロメロ監督が7月16日(現地時間)、肺がんのため死去した。享年77歳だった。

 ロメロ監督の「ランド・オブ・ザ・デッド」(05)、「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」(07)で製作、「サバイバル・オブ・ザ・デッド」(09)で製作総指揮を務めたピーター・グルンウォルドが、米ロサンゼルス・タイムズ紙に遺族の声明を公表。それによれば、「短くも過酷な闘病」の末、お気に入りの映画の1本「静かなる男」の音楽を聞きながら、家族に見守られて息を引きとったという。

 米ニューヨーク・ブロンクス出身のロメロ監督は、米ピッツバーグにある名門カーネギーメロン大学を卒業後、同地でコマーシャルや短編を製作。1968年に発表した初監督作「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド ゾンビの誕生」が、製作費11万4000ドルと低予算ながら、ミッドナイトムービーとして米国で大成功を収め、「ゾンビ」(78)と「死霊のえじき」(85)で構成される「ゾンビ3部作」は、現在のゾンビブームの礎となり、ポップカルチャーの主流を生み出した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おとなしく過ごしたいのに、引っ張りだされてストレスがたまり...もっと見る >