2017/07/17 15:00

「銀魂」舞台裏に壮絶ドラマ&攻防戦!?小栗旬×佐藤二朗×福田雄一が語る爆笑製作秘話

 [映画.com ニュース]空知英秋氏による人気漫画を実写化した映画「銀魂」が、7月14日に公開を迎えた。ハイテンションのボケ・ツッコミ、メタギャグやパロディが雨あられと降り注ぐ今作だが、その裏には主演決定をめぐる壮絶なドラマ、芝居と殺陣における監督・役者のプライドをかけた攻防戦があった…!? 主人公・坂田銀時役の小栗旬、監督・脚本を務めた福田雄一、そして武市変平太に扮した福田組の“風神・雷神”の一角・佐藤二朗による鼎談(ていだん)が実現し、互いをいじり倒しながら製作秘話を語らい合った。(取材・文/編集部、写真・江藤海彦)

――小栗さん、出演オファーを受けた経緯はどんなものでしたか?

小栗 外堀から埋められましたね。

福田 (笑)。小汚い手をつかったよねえ。反省しかない。

小栗 福田さんとはプライベートで会う機会がなかったんですが、休暇でハワイに行っているときに、福田さんも来ていることを知って。せっかくだからお会いしませんかと、家族で食事したんです。普通に食事をしていて、ぼちぼち会が開くぞというときに「勝負の仕事がある。小栗くんとやりたい。考えてくれない?」と(笑)。それでお別れすると、直後に「『銀魂』なんだけど、興味が少しでもあったら、プロデューサーをハワイに呼ぶ」と連絡がきたんです。そうしたら見事2日後に、プロデューサーの松橋真三さんが、本当にハワイに来た。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ひっそりと静かに過ごしたい気分。早々に家に帰り、好きな読書...もっと見る >