2017/07/19 14:00

台湾詩人のドキュメンタリー、巖谷國士氏「マン・レイらから受け継いだセンス」と監督を絶賛

ホアン・ヤーリー監督と巖谷國士氏
ホアン・ヤーリー監督と巖谷國士氏

 [映画.com ニュース]1930年代に日本統治下の台湾で誕生したシュルレアリスム詩人団体にスポットを当てた「日曜日の散歩者 わすれられた台湾詩人たち」の試写会イベントが7月18日、東京・虎ノ門の台湾文化センターで行われ、来日したホアン・ヤーリー監督とフランス文学者の巖谷國士氏が作品とその時代背景を語った。

 1930年代の台南で、日本語教育を受けたエリート青年たちが、日本語による詩を創作し、新しい台湾文学の創造を試みるために設立した「風車詩社」。若きシュルレアリストたちが時代のうねりに巻き込まれていく様を追う。台湾のアカデミー賞に相当する金馬奨で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞した。

 巖谷氏は「大胆で、明晰で、超現実的で、美しい映画。現実に立脚しており、その断片がつなげられている。この映画が素晴らしいと思ったのは、説明がないから。何も説明せずに、映像や詩、絵画、ニュースが引用され、とにかく自然物が印象的」と感想を述べる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >