2017/07/19 18:00

山田裕貴&青木玄徳、7作目迎えた「闇金ドッグス」だからできる“裏切り”とは

撮影の日々を語った山田裕貴(左)&青木玄徳
撮影の日々を語った山田裕貴(左)&青木玄徳

 [映画.com ニュース] 闇金融をテーマにした山田裕貴、青木玄徳主演の人気シリーズ「闇金ドッグス6」「闇金ドッグス7」の撮影現場がこのほど、神奈川・横浜市中区の建物内で報道陣に公開。安藤忠臣役の山田と、須藤司役の青木が取材に応じ、同シリーズでの共演を経て培われた“バディ”としての信頼関係や、6・7作目を迎えた今だからこそできる“裏切り”を語った。

 ヤンキー映画「ガチバン」シリーズから派生した「闇金ドッグス」。2015~17年1月にかけて5作が製作・公開され、闇金業者「ラストファイナンス」社長・忠臣と、同社員の元ホスト・司の活動を通じ、堕落する人間たちを容赦なく描いてきた。今回も臓器売買による借金返済などドス黒いエピソードが盛り込まれているが、過去作とはやや気色が異なる。6では忠臣が、7では司がそれぞれ一筋縄ではいかない恋に落ち、これまでにない姿を見せていく。

 6・7製作決定の報は7月1日に伝えられたが、この日の取材は6日。異例とも言えるスピード感なだけに、山田は「この短い時間で(報道陣に)現場へ来てもらうことが初めて。そこまで見てもらえる作品になってきたことが嬉しい」と目を細める。忠臣を演じるのは、初登場した「ガチバン ULTRA MAX」から数え9度目。青木の司役もシリーズ第1作「闇金ドッグス」以来7度目だ。口をそろえて「6・7だけでなく、やれるところまで演じたい」といい、「長く演じ続けることで、役に対する“深み”がわかってきた」と、確かな進化の手応えを明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >