2017/07/20 05:00

吉永小百合&ケラリーノ・サンドロヴィッチが語る「北の桜守」で挑んだ異色の“映画内演劇”

 [映画.com ニュース] 吉永小百合が主演する映画「北の桜守」の撮影現場が6月28日、東京・大泉学園の東映撮影所で報道陣に公開された。この日行われたのは、演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)が演出を務め、吉永演じる江蓮てつの心情を象徴的に表現する舞台パートの撮影。120本目の出演作という記念すべき作品で初めて“舞台の芝居”に挑戦した吉永にとって、KERAとの共同作業は驚きと興奮の連続だったようだ。

 「おくりびと」(2008)で米アカデミー賞外国語映画賞を戴冠した名匠・滝田洋二郎監督がメガホンをとる今作は、北海道を舞台にした「北の零年」(05)、「北のカナリアたち」(12)に続く“北の三部作”の最終章。戦中から戦後にかけて北の大地で懸命に生きた江蓮てつと、アメリカで成功をおさめ帰郷した息子・修二郎(堺雅人)の生涯を描く。

 撮影されたシーンの背景は、45年の南樺太。てつ、そして夫・徳次郎(阿部寛)やふたりの息子たちの幸福な日常が、日本との不可侵条約を破棄したソ連の侵攻によってもろくも崩れ去っていく様子を活写している。阿部、舞台初挑戦の岸部一徳らが芝居に臨んだセットは張り物もなく、ほぼ“素舞台”に近いシンプルなルック。ステージ上に設置されたライトから発せられる光によって激しい空爆などのシチュエーションが表現され、シーンの始まりから備えられていた椅子は場面の転換によって様々な“意味”が与えられていく。役者の身体表現に重きが置かれた、まさに演劇空間が眼前に広がっていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >