2017/07/21 12:00

マイルズ・テラーの体を張った“なりきり演技”を堪能!「ビニー」×「セッション」コラボ映像公開

どっちも全力投球! (C) BLEED FOR THIS, LLC 2016
どっちも全力投球! (C) BLEED FOR THIS, LLC 2016

 [映画.com ニュース] マーティン・スコセッシが製作総指揮を務め、マイルズ・テラーが約13キロの減量を行って実在のプロボクサーに扮した「ビニー 信じる男」と、テラーの出世作「セッション」のコラボ映像がお披露目された。

 交通事故で首を骨折し、ひん死の重傷を負った世界チャンピオンのビニー(テラー)が、トレーナーのケビン(アーロン・エッカート)に支えられ、命がけで王座奪還を目指すさまを描く。「マネー・ゲーム」を手がけたベン・ヤンガーが監督と脚本を兼任し、「ダークナイト」「ハドソン川の奇跡」で知られるエッカートが、約18キロの増量に挑んだ。

 映像は、「セッション」でテラーが演じた主人公が、過酷なドラム練習で顔をゆがめるさまや、出血したこぶしを氷水で冷やすシーンが描かれ、ドラムロールをバックに本作の試合シーンにつながるという凝った内容になっている。さらに、画面が2分割され、左側に「セッション」の演奏シーン、右側に本作のファイトシーンが同時進行で流れ、テラーの体を張った“なりきり演技”を堪能できる仕上がりだ。

 テラーは、「セッション」で組んだデイミアン・チャゼル監督から「ラ・ラ・ランド」の出演の打診を受けるも辞退し、8カ月にも及ぶ過酷なトレーニングを経て伝説のボクサーになりきっており、映像中でも鋭い連続パンチを繰り出している。

 「ビニー 信じる男」は、7月21日から全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >