2017/07/21 15:00

【コミコン2017】C・ファース&T・エガートンが語る「キングスマン」のたしなみとは?

 [映画.com ニュース] 世界最大級のポップカルチャーの祭典「サンディエゴ・コミコン・インターナショナル」が7月20日(現地時間)に米サンディエゴで開幕。人気スパイアクションの第2弾「キングスマン ゴールデン・サークル」が、サンディエゴ・コンベンション・センターのホールHのトップバッターを飾った。

 2014年公開の第1作「キングスマン」は、イギリスの秘密諜報機関機関“キングスマン”が世界滅亡の危機に立ち向かう姿をウィットとギミックたっぷりに描き、世界的ヒットを記録。今回のプレゼンテーションには、前作に主演したコリン・ファースをはじめ、同作でブレイクしたタロン・エガートン、続編でアメリカの諜報機関「ステイツマン」のエージェントを演じるチャニング・テイタム、ハル・ベリー、ジェフ・ブリッジスらが登壇した。

 キングスマンに求められる資質について、エガートンは「完璧なマナーだよね。マナーが本当の紳士をつくるからね」とスマートに回答。一方、ハリー役のファースは、続編でのまさかの復活に「私にもさっぱりで。だけど予告編に登場していますね」とかわしていたが、「傘を巧みに操ること。それに、ステイツマンよりも感情のコントロールが必要そうだね」とキングスマンのたしなみを語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >