2017/07/23 14:35

【コミコン2017】ベン・アフレック、バットマン卒業説を一蹴

ジャスティス・リーグがコミコンに降臨 Photo by Kevin Winter/Getty Images
ジャスティス・リーグがコミコンに降臨 Photo by Kevin Winter/Getty Images

 [映画.com ニュース] 米ワーナー・ブラザースが7月22日(現地時間)、米サンディエゴで開催中の「サンディエゴ・コミコン・インターナショナル」でプレゼンテーションを実施。「ジャスティス・リーグ」のベン・アフレック、ガル・ギャドット、ジェイソン・モモア、エズラ・ミラー、レイ・フィッシャーが登壇した。

 アフレックらは、6500人のファンが埋め尽くしたホールHで、客席を通ってステージへ向かい、場内は興奮のるつぼに。フラッシュ役のミラーは、日本の漫画「鋼の錬金術師」のエドワードのコスプレで登場し、終始ハイテンションだった。

 単独主演映画を準備中のアフレックは、前日にバットマンを降板する可能性が報じられていたが、本人は「僕は世界一ツイている男だ。バットマンは宇宙で一番クールな役だから」と噂を一蹴。「このホールHで『アイム・バットマン』と言えるのは嬉しいことだ」と力を込めると、ミラーとモモアも口々に「アイム・バットマン」と身を乗り出し、仲のよさを見せつけた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >