2017/07/23 19:30

三宅唱監督×森岡龍、超異色時代劇 「密使と番人」で目指した“新しいものづくり”

三宅唱監督(右)と主演の森岡龍
三宅唱監督(右)と主演の森岡龍

 [映画.com ニュース] 国内外で高く評価された「Playback」などで注目を集めた新鋭・三宅唱監督の最新作である時代劇「密使と番人」が、東京・渋谷のユーロスペースで2週間限定レイトショー公開中だ。主演を務めたのは、三宅監督とは「人類で2番目に会っている友人」だという盟友・森岡龍。2人がインタビューに応じ、「新しいものをつくる」という信念のもと完成させた“超異色時代劇”を語った。

 近年「超高速!参勤交代」「無限の住人」など、従来の時代劇とは一線を画す作品が続々と世に放たれてきたが、今作はなかでも、ひときわ異彩を放つ。19世紀初頭、鎖国下の日本を舞台に、極秘の書物を持ち出した若き蘭学者・道庵(森岡)が雪深い山中を逃げ、寡黙な山の番人・高山(渋川清彦)がそれを追う。刀も殺陣も江戸の町並みも登場せず、“時代劇という枠組み”にもとらわれない追走劇が展開していく。

 前作「THE COCKPIT」ではヒップホップアーティストの楽曲制作過程に迫り、とりわけ“新進気鋭”という惹句がふさわしい三宅監督。「時代劇専門チャンネル」から「時代劇を撮らないか」とオファーされた際には「正直、面食らった」というが、製作陣と顔を合わせるや、「いわゆる従来の時代劇ではなくとにかく新しいものを、と求められていることがはっきりした」そうだ。その心意気と勇気に胸を打たれ、オファーを引き受けることになった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >