2017/07/26 10:00

萩本欽一、最初で最後のドキュメンタリー映画が11月に劇場公開 監督は“Tプロデューサー”

「人生で納得のいかない 唯一の仕事」とコメント (C)2017日本テレビ放送網
「人生で納得のいかない 唯一の仕事」とコメント (C)2017日本テレビ放送網

 [映画.com ニュース] “視聴率100%男”と称された萩本欽一のドキュメンタリー映画「We Love Television?」が、11月3日から劇場公開されることが決定した。「電波少年」など数々の人気番組を手がけた“Tプロデューサー”こと土屋敏男が監督を務め、萩本と土屋監督が新番組を制作する姿に密着している。

 全盛期には自身の冠・レギュラー番組の1週間の合計視聴率が100%を超えたことから“視聴率100%男”と呼ばれ、テレビをエンタテインメントの王様へと押し上げた立役者・萩本。一般視聴者との絡み、司会アシスタント、ピンマイクの導入などアイデアを次々と形にし、今日のバラエティ番組の基礎を作り上げたパイオニアでもある。

 映画は、2011年から萩本の新番組制作の舞台裏に密着し、エンタテインメントに対する執念と狂気、そしてテレビマンたちの熱意を映し出す。土屋監督のほか、女優・田中美佐子、お笑い芸人・河本準一(次長課長)が出演し、放送作家の高須光聖氏が構成、クリエイティブ集団「チームラボ」が番組セットを担当している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >