2017/07/26 16:30

池上彰、マクドナルドの舞台裏を暴く「ファウンダー」に日米経済の違いを見た!

日米の経済論にまで話は及んだ
日米の経済論にまで話は及んだ

 [映画.com ニュース] 大手ファストフードチェーン・マクドナルドの驚きの誕生秘話を描く「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」のトークイベントが7月25日に都内で開催され、ジャーナリストの池上彰氏が作品の見どころを解説した。

 映画では、南カリフォルニアでハンバーガー店「マクドナルド」を経営するマック&ディック・マクドナルド兄弟から同店のフランチャイズ権を獲得し、世界最大級のファストフードチェーンへと成長させたレイ・クロックに焦点を当てる。1954年、米イリノイ州出身のしがないセールスマンだったクロック(マイケル・キートン)が、マクドナルド兄弟に取り入り、驚異的なバイタリティでチェーンを拡大させていく。「スパイダーマン ホームカミング」(8月11日公開)では悪役を演じるキートンが、利益のためには手段を選ばないクロックを怪演している。

 池上氏は「ここまでやらないとこれだけの帝国を築けないのか、あるいはここまでアグレッシブな人だから帝国を築けたのか」とクロックのバイタリティに驚嘆したと明かし、クロックとマクドナルド兄弟の攻防に注目。「それぞれに共感できる。私個人は、マクドナルド兄弟の品質へのこだわりに共感した」とメニューをいたずらに増やすことなく、フランチャイズ化しても新メニューを厳しく禁じたマクドナルド兄弟の戦略を「“集中と選択”ですよね。自分たちの得意分野は何だろうと考えることで企業を再生させる」と評価する一方、「守ろうとするから成功しない」とも。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >