2017/07/28 11:10

トム・ハーディ、ボスニア戦争映画で「ウォーリアー」監督と再タッグ

トム・ハーディ 写真提供:アマナイメージズ
トム・ハーディ 写真提供:アマナイメージズ

 [映画.com ニュース]英人気俳優トム・ハーディが、ボスニア戦争を題材にした新作映画「My War Gone By, I Miss It So(原題)」で主演と製作を兼任することが明らかになった。米バラエティが独占で報じた。

 英国人ジャーナリスト、アンソニー・ロイド氏が1999年に発表した同名著書を原作に、「ジェーン」「ウォーリアー」のギャビン・オコナー監督がメガホンをとる。原作は、従軍記者としてボスニアの戦地に赴いたロイド氏の体験記。英国陸軍の兵士として過ごした日々や、両親の離婚で疎遠になってしまった父親との関係、ヘロインをはじめとする薬物依存との葛藤(かっとう)といった私的体験を織り交ぜながら、戦場で目にした非情な戦争の実態がつづられた。

 ハーディは、原作について「依存症の本質と戦争体験をテーマにした、残酷かつ繊細な素晴らしい物語に、心を強く揺さぶられた。僕個人にとって大きな意味を持つ大切な1冊になった」と語っている。一方、ハーディとは「ウォーリアー」以来2度目のタッグとなるオコナー監督も、「ヘロインの代わりにアドレナリンでハイになろうと、第2次世界大戦以降のヨーロッパにおける最も凄惨な戦いと称されるボスニア戦争の最前線に飛び込んでいった著者が、万感の思いを込めてつづったこの素晴らしい本を映画化する機会を与えられて、心から光栄に思っています」と意気込みを語った。

 ハーディが「ダークナイト ライジング」「インセプション」のクリストファー・ノーラン監督と再タッグを組んだ新作「ダンケルク」は、9月9日から全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >