2017/07/28 16:00

「私の映画は普通の人々の話を語る」フィリピンの鬼才メンドーサがカンヌ受賞作語る

 [映画.com ニュース] フィリピンの鬼才ブリランテ・メンドーサ監督最新作「ローサは密告された」が7月29日公開する。同国の麻薬、貧困問題を描き、主演のジャクリン・ホセが第69回カンヌ国際映画祭で主演女優賞を受賞した作品だ。45歳で映画監督デビューし、「第3黄金期」と呼ばれる現在のフィリピン映画シーンを牽引するメンドーサ監督が自身のキャリアと作品について語った。

――これまでにどのような映画監督から影響を受けましたか?

 「マイク・デ・レオン監督です。彼の「KISAPMATA」(81)に最も影響を受けました。リノ・ブロッカ監督も好きですし、イシュマエル・バーナル監督も観ています。フィリピンで彼らの映画の洗礼を受けていない映画監督はいないでしょうね。世界的な監督の作品に接する機会が長らく我々の国にはありませんでした。そんな中でダルデンヌ兄弟の作品には影響を受けました。また、フランソワ・トリュフォーの初期作品も好きですね」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >