2017/07/28 22:30

「スーサイド・スクワッド」デビッド・エアー監督、リメイク版「スカーフェイス」から降板

デビッド・エアー監督 Photo by Karwai Tang/WireImage
デビッド・エアー監督 Photo by Karwai Tang/WireImage

 [映画.com ニュース] 米ユニバーサル・ピクチャーズが準備を進めているリメイク版「スカーフェイス」から、「スーサイド・スクワッド」のデビッド・エアー監督が降板したと、米ハリウッド・レポーターが伝えた。

 リメイク版「スカーフェイス」は、「トレーニング デイ」(デンゼル・ワシントンがアカデミー賞主演男優賞受賞)のアントワン・フークア監督がスケジュールの都合により降板後、同作の脚本を執筆したエアー監督が、スタジオと交渉中と報じられていた。「スカーフェイス」のギャング映画という性質上、ある程度の凶悪さは必須と思われるが、脚本に対するエアー監督の解釈がスタジオの目指す方向よりもダークで、双方の折り合いがつかなかったようだ。

 1983年の映画「スカーフェイス」は、ハワード・ホークスの「暗黒街の顔役」(32)をブライアン・デ・パルマ監督がリメイクしたもので、アル・パチーノ演じるキューバ移民の青年が、マイアミの暗黒街でのしあがっていく姿を描いた。脚本をオリバー・ストーンが執筆し、過激な暴力描写とパチーノの鬼気迫る演技で大ヒットを記録。パチーノの代表作のひとつとして知られる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >