2017/08/02 19:40

置鮎龍太郎「悪魔城ドラキュラ」プロデューサーのジョークに冷や汗

プロデューサーのジョークに冷や汗
プロデューサーのジョークに冷や汗

 [映画.com ニュース] Netflixによるアニメイベント「Netflixアニメスレート2017」が8月2日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで開催。コナミのゲーム「悪魔城ドラキュラ」を原案とした米国製アニメシリーズ「悪魔城ドラキュラ キャッスルヴァニア」の日本語吹き替え声優を務めた置鮎龍太郎、エグゼクティブプロデューサーのアディ・シャンカル氏が出席した。

 中世ヨーロッパを舞台にした今作は、汚名を負ったベルモント一族の最後の生き残りであるトレバーが、東欧絶滅を目論むドラキュラに戦いを挑むダークファンタジー。日本版キャストは、主人公トレバーを置鮎、謎のバンパイア・アルカードを三木眞一郎が担当した。

 アニメ化の経緯を問われたシャンカル氏は、「香港とシンガポールで、日本のカルチャー、アニメにどっぷりつかって育ったんです。10年間本作の構想を持っていました。アメリカでは、アニメは子ども向けのものと考えられがち。しかしNetflixが登場し、こういう作品を存在できるようにしてくれた」と告白。そのうえで、「夢の中にいるよう。パラレルユニバースにいるよう。ジョジョの奇妙な冒険のような体験です(笑)」と“アニメ愛”を交えて、構造実現の喜びを語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >