2017/08/04 05:00

土屋太鳳×芳根京子が脱清純派!? 「累」にW主演で1人2役=2人1役

初共演を果たす土屋太鳳と芳根京子 (C)2018映画「累」製作委員会 (C)松浦だるま/講談社
初共演を果たす土屋太鳳と芳根京子 (C)2018映画「累」製作委員会 (C)松浦だるま/講談社

 [映画.com ニュース] 人気女優の土屋太鳳と芳根京子が、佐藤祐市監督がメガホンをとる「累 かさね」に主演し、初共演を果たすことが明らかになった。ともにNHK連続テレビ小説で主演(土屋は「まれ」、芳根は「べっぴんさん」)を経験した、“朝ドラ”女優の先輩・後輩が、キスを引き金に顔が入れ替わるという難役に挑む。

 累計発行部数180万部を突破する、松浦だるま氏の同名人気漫画(講談社「イブニング」で連載中)が原作。伝説の女優を母に持つ淵累(ふち・かさね)は、天才的な演技力を持って生まれながらも自らの醜い容姿に強いコンプレックスを抱いて生きてきた。一方、舞台女優の丹沢ニナは、美貌に恵まれながらも女優として花開かずにいた。そんな2人が、キスをすると顔が入れ替わる不思議な口紅に導かれて出会ったとき、運命の歯車が動き出す。

 顔が入れ替わるという設定を踏まえ、2人は1人2役(=2人1役)に臨んでいる。土屋は丹沢ニナとニナの顔をした累、芳根は累と累の顔をしたニナ。まさに“二人三脚”で8月4日から撮入する土屋は、「芳根さんの瞳は近くで拝見すればするほど本当にキラキラと美しくて、多くの人に愛され守られている方なのだなと実感します。そんな芳根さんと演技とはいえ入れ替わってよいのだろうかとドキドキしていますが、同時にとても光栄ですし、すごく楽しみでもあります」と話している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >