2017/08/04 23:00

織田梨沙、初主演映画の公開初日に大テレ 吉岡里帆「癒されるよ~」

封切りに万感の面持ち
封切りに万感の面持ち

 [映画.com ニュース] 大島渚監督の「戦場のメリークリスマス」で助監督を務めたアメリカ出身の作家ロジャー・パルバースの初監督作「STAR SAND 星砂物語」が8月4日、東京・渋谷のユーロライブで封切られ、パルバース監督と主演の織田梨沙、共演の満島真之介、三浦貴大、吉岡里帆が舞台挨拶に立った。「私が初めて日本の土を踏んだのは昭和42年でした」と語り始めたパルバース監督は「あれから50年、やっと映画をつくることができて本当に嬉しいです。“非暴力”が私のテーマ。日本人をはじめ、世界中の人に届けたい」と思いの丈を述べていた。

 本作は、パルバース監督が、沖縄を舞台に平和への思いを込めて執筆した自身の小説を映画化した日豪合作映画。1945年、沖縄。16歳の少女・洋海(織田)は、洞窟で脱走兵である日本人・隆康(満島)、アメリカ人のボブ(ブランドン・マクレランド)と出会う。洋海と、戦うことを嫌う2人の兵士の間に不思議な連帯感が芽生えていくが、隆康の兄・一(三浦)が洞窟にやって来たことを機に悲劇が引き起こされていく。本作への思いがとめどなくあふれ出ていた満島は、「毎年8月の時期に全国で上映されるような映画になっていくと嬉しい。皆さんの力をお貸しください」とアピールしていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >