2017/08/09 13:00

「砂の器」伝説の名子役、春田和秀さん 43年を経て語る子役という“宿命”(2)

子役時代の写真を見つめる春田和秀さん
子役時代の写真を見つめる春田和秀さん

 [映画.com ニュース] --学校に行かなかったということですが、問題はなかったのですか。

 春田和秀(以下、春田):大人同士のやりとりで、何があったのかは分からないですけども、決め事があったんでしょうね。今では到底、許されないことです。1年のうち300日くらいは仕事をしていたはずです。授業の代わりに、わら半紙のドリルをもらうんです。でも、勉強はあまり好きではなかった。それよりも物を作ったり、壊したりすることが好きでした。例えば小道具さんのところへ行って、ナイフを借りて、木を削ったり……。勉強といえば、ロケ地での観光地めぐりとか、社会勉強は随分させていただきました。字の読み書きは台本です。漢字にふりがながあって、読めない所を教えていただいたり。

--映画やドラマの現場で社会のことを学んだ、ということでしょうか。同世代の友人は?

 春田:周りは大人ばかりで、子どもの共演者もほとんどいなかったです。「わが子は他人」(1974)では、(初代「あばれはっちゃく」の)吉田友紀さんが一緒だったので、松竹さんへ電車に行ったりしたりしました。「砂の器」のロケ先で、お母さんたちが連れてきた子どもと遊んだり……。そんなことは楽しかったです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >