2017/08/10 20:00

トム・ホランドが挙げる「スパイダーマン ホームカミング」の“重要人物”とは?

危険なスタントの多くを自らこなした
危険なスタントの多くを自らこなした

 [映画.com ニュース] 6月で21歳になったばかりの若手実力派トム・ホランド。マーベル・シネマティック・ユニバース最新作「スパイダーマン ホームカミング」で主演を務め、アベンジャーズのみならず、ハリウッドの将来を背負う逸材として、ただならぬ期待と注目を集める男の素顔とは。来日を果たしたホランドに話を聞いた。

 本作を特徴づけているのはアクションシーンもさることながら、コメディ描写だ。元々、コミカルな描写が多いマーベルシリーズだが、ホランド演じる15歳のピーター・パーカーが、さえない高校生として、これまたさえない親友と好きな女の子の話題で盛り上がり、「スター・ウォーズ」のレゴに熱中し、部活のようなテンションでヒーローとして悪戦苦闘するさまはほほ笑ましく、大げさではなく数分に1度、笑えるシーンがやってくる。「確かにコメディタッチの部分はこの映画にとって、すごく重要な側面だね。脚本でもそうなっていたし、随所にアドリブも加えているよ。特に、ジェイコブ・バタロンが演じるピーターの親友ネッドの存在がすごく重要で、男の子が2人いて、1人はスパイダーマンで、もう1人が若く無垢(むく)でファニーな部分を演じることで、映画にとてもよい結果をもたらしていると思う。とにかくみんなで愉快なコメディにしようと臨んだんだ」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >