2017/08/14 18:00

詩人・菅原敏、ジャームッシュ監督は「詩を書くルーツの1つ」 新作「パターソン」の感想は?

表参道のカフェで開催
表参道のカフェで開催

 [映画.com ニュース] ジム・ジャームッシュ監督の「パターソン」公開を記念し8月12日、東京・表参道のブルーボトルコーヒー 青山カフェでトークイベントが行われた。主人公のバス運転手が詩をたしなむことにちなみ、ゲストとして詩人の菅原敏氏が参加した。

 「沈黙 サイレンス」や「スター・ウォーズ」シリーズのアダム・ドライバー、河瀬直美監督作「光」の永瀬正敏、「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」のゴルシフテ・ファラハニらが顔をそろえた本作。米ニュージャージー州パターソンを舞台に、妻や犬と静かに暮らしつつ、詩をつづるバスの運転手パターソン(ドライバー)の7日間を描く。

 この日のイベントは午前9時前にスタートしたが、会場には多くの人々が足を運び、菅原氏の映画への感想や、本作に触発されてつづったという言葉に静かに耳を傾けていた。菅原氏にとって、ジャームッシュ監督の映画は「詩を書くことになったルーツのひとつ」だそうで、「彼の初期の作品に出ていたトム・ウェイツやジョン・ルーリーといったミュージシャンをきっかけに、アメリカの詩人に興味を持つようになり、大きな影響をもらいました」と明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >