2017/08/15 10:00

ベトナムNo.1監督ビクター・ブーに聞く、同国の映画事情

 [映画.com ニュース] ベトナム映画「草原に黄色い花を見つける」が8月19日、新宿武蔵野館ほかで順次公開される。同作は2015年ベトナム映画興行収入第1位となる大ヒットを記録し、第89回アカデミー賞外国語映画部門の同国代表にも選ばれた。米カリフォルニアで生まれ育ち、ベトナムを拠点に活動する新世代監督のビクター・ブー氏に聞いた。ベトナム映画市場は年30%以上の成長を続けていると明かし、「近い将来、日本でも映画を撮りたい」と意欲を見せた。(取材・文/平辻哲也)

 「草原に黄色い花を見つける」は、1980年後半のベトナム中南部フーイエン省の村が舞台。思春期らしい悩みを持つ兄、兄とは対照的な純真無垢の弟を主人公にした、幼なじみの少女との淡い初恋の物語だ。日本人でも、どこか懐かしさを感じる美しい自然を背景に、恋の悩み、妬み、別れが詩情豊かに描かれる。ベトナムでは15年に公開され、約130万人を動員し、興収約4億3000万円を稼いだ。舞台の村への観光ツアーが人気を集めるなど社会現象にもなった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >