2017/08/15 18:00

若者の性を綴ったATGの伝説的映画「初恋・地獄篇」 羽仁進監督が当時を回想

ポスターデザインを宇野亜喜良氏が担当
ポスターデザインを宇野亜喜良氏が担当

 [映画.com ニュース] 1960~80年代に非商業的な芸術的映画を製作・配給した映画会社ATG(日本アート・シアター・ギルド)で、1968年に羽仁進監督が発表した「初恋・地獄篇」が、デジタルニューマスター版で初ブルーレイ化される。7月に東京・シネマヴェーラ渋谷で行われた特集上映で、羽仁監督が作品を語った。

 「初恋・地獄篇」は、大都会に生きる若者の性体験を題材に、ドキュメンタリータッチで撮影した異色の青春映画。幼児愛、同性愛、SMなど性的倒錯を扱い、センセーショナルな作品として話題を呼んだ。演技経験の無い10代の男女を主演に抜てきし、美術を金子国義氏、ポスターデザインを宇野亜喜良氏が担当した。

 羽仁監督は、「少年少女も子供と同じように、心の中ではいろんなものを思っている。一方で大人は、心の中に持っているものを忘れがちで、世の中の決まっていることが気になるもの。貧しい少年少女はそういうことを知らないけれど、それでも夢を持っている。それを表したかった」と本作の主題について説明する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >