2017/08/15 18:00

10~60代のファン投票、ジャームッシュ監督“初期3部作”の1位に輝いたのは?

投票者には熱狂的なファンも見られたという (C)1984 Cinesthesia Productions Inc.
投票者には熱狂的なファンも見られたという (C)1984 Cinesthesia Productions Inc.

 [映画.com ニュース] ジム・ジャームッシュ監督の約3年ぶりとなる監督作「パターソン」(8月26日公開)の公開を記念し、7月22日から8月13日の期間で東京・ヒューマントラストシネマ渋谷でジャームッシュ監督の“初期3部作”の人気投票が行われた。

 候補となったのは、ジャームッシュ監督の長編初監督作「パーマネント・バケーション」、第37回カンヌ国際映画祭のカメラドール(新人監督賞)に輝いた「ストレンジャー・ザン・パラダイス」、ミュージシャンのトム・ウェイツらが出演した「ダウン・バイ・ロー」の3作。投票者の年齢層は10代から60代と幅広く、ジャームッシュ監督作品のTシャツを着た熱狂的なファンもいたという。

 1位に選ばれたのは、日本では1986年に公開され、ミニシアター・ブームの草分け的作品としてロングランヒットを記録した「ストレンジャー・ザン・パラダイス」。初期のジャームッシュ作品を支えたジョン・ルーリー演じる男ウィリーと賭博仲間のエディ(リチャード・エドソン)、ハンガリーから渡米してきたウィリーの従妹エヴァ(エスター・バリント)の関係性をオフビートな作風で描いた1作だ。そのほかの順位は、下記の通り。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >