2017/08/16 08:00

キレる浅野忠信に“妻”田中麗奈は涙目…「幼な子われらに生まれ」夫婦バトル映像公開

生々しい演技を披露 (C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会
生々しい演技を披露 (C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会

 [映画.com ニュース] 浅野忠信と田中麗奈が夫婦役を演じ、直木賞作家・重松清氏が1996年に発表した小説を実写映画化した「幼な子われらに生まれ」の本編映像が公開された。

 バツイチ同士で再婚した中年サラリーマンの信(浅野)と妻の奈苗(田中)。奈苗の妊娠を機に、連れ子である長女が「本当のパパに会いたい」と訴えたことから、家族に不協和音が生じ始める。「しあわせのパン」「繕い裁つ人」の三島有紀子監督がメガホンをとり、宮藤官九郎、寺島しのぶらが脇を固める。

 映像では、家庭も仕事もうまくいかずストレスを溜め込む信が、ついに爆発する瞬間を切り取っている。内なる苦しみを取り除くどころか、「病院で妊娠高血圧症と言われた」と悩みの種を増やし判断を仰ぐ奈苗に、信は「自分の体に色々なことが起きるんだったら、それはもう堕(お)ろすしかないでしょ」と苛立ちをぶつける。奈苗は目に涙を浮かべて「嫌よ」と首を振るが、信は「ずっと考えてるけど、今だったら俺たちきれいに別れられると思う。だから、子ども堕ろして別れよう」と自分に言い聞かせるように早口でまくしたて、ため息をついて対話を拒絶する。本作では即興を織り交ぜた演出方法が採用されており、浅野と田中の生々しい演技が見る者をひりつかせる内容となる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >