2017/08/16 16:00

エドガー・ライト監督、情熱と本物志向で作り上げた「ベイビー・ドライバー」

 [映画.com ニュース] 「ショーン・オブ・ザ・デッド」や「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」で世界中の映画ファンの心をつかんだエドガー・ライト監督が、4年ぶりの新作「ベイビー・ドライバー」を引っさげ来日。アクション映画と音楽、情熱を注ぎ続けたふたつのファクターを全編にわたり融合させた、会心の一作について語った。

 映画の主人公は、銀行強盗の逃走車を運転する青年、通称ベイビー(アンセル・エルゴート)。幼い頃の事故の後遺症で耳鳴りに悩まされているが、お気に入りのプレイリストが入ったiPodさえあれば、天才的なドライビング技術を発揮する。一度は犯罪組織から足を洗ったベイビーだが、恋人デボラ(リリー・ジェームズ)の存在を元ボスにかぎつけられたことで、再び強盗計画に担ぎ出され逃走車のハンドルを握る。

 本作の白眉は、音楽とアクションの連動。「音楽は、自分にインスピレーションを与え、モチベーションを高めてくれるもの」というライト監督は、劇中の出来事を楽曲で駆動させ、そのリズムに登場人物たちの動作までシンクロさせた。撮影現場では、俳優が装着したイヤーピースやヘッドフォン、あるいは大音量のスピーカーで、必ず該当の楽曲を再生したという。「役者たちが撮影時に実際に耳にした楽曲を、観客が聴くというのは大きなポイント」というように、音楽で物語と登場人物、さらに観客までも結びつけたことになる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >