2017/08/16 17:00

芸術の巨塔の最新の舞台裏に迫る、パリ・オペラ座公認ドキュメンタリー予告編

「新世紀、パリ・オペラ座」ポスター (C)2017 LFP-Les Films Pelleas -Bande a part Films -France 2 Cinema -Opera national de Paris -Orange Studio -RTS
「新世紀、パリ・オペラ座」ポスター (C)2017 LFP-Les Films Pelleas -Bande a part Films -France 2 Cinema -Opera national de Paris -Orange Studio -RTS

 [映画.com ニュース] フランスでは公開1カ月足らずで観客動員11万人を突破し、今までのパリ・オペラ座を描いたドキュメンタリー映画の記録を更新、史上最高の動員記録を打ち立てた「新世紀、パリ・オペラ座」の公開が12月9日に決まった。併せてポスタービジュアルと予告編がお披露目された。

 350年以上もの歴史の中で伝統と格式を重んじながらも、常に新しいパフォーマンスを模索し続ける総合芸術の殿堂パリ・オペラ座。オペラ座を描いた名作は数多く存在するが、本作では、華々しい世界の最新の裏側をジャン=ステファヌ・ブロン監督が丁寧に映し出した。

 バレエ団芸術監督がミルピエから、エトワールとして長年活躍したオレリー・デュポンに移るオペラ座新時代の波乱の幕開けから始まり、オペラ座史上最大規模の新作オペラ「モーゼとアロン」の1年間にわたるリハーサルや、公演初日直前の主要キャストの突然の降板劇、それに加え職員のストライキ。次々に待ち受ける難題に、オペラ座を索引してきた総裁ステファン・リスナーは苦悩し奔走する。そんな中、ロシアの田舎町から出てきた純朴な青年がパリ・オペラ座のオーディションに現れ、新たなるスターとなるべく光のあたる舞台へと突き進み、オペラ座の新世紀の幕開けを予感させる。世界一の才能が集まり生み出される圧巻のパフォーマンスを紹介する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >