2017/08/17 18:00

被災を乗り越えた石巻の老舗映画館がアート作品に「リボーンアート・フェスティバル」

昭和の雰囲気を残す日活映画のノボリ
昭和の雰囲気を残す日活映画のノボリ

 [映画.com ニュース] 東日本大震災からの復興を支援する、現代アート、食、音楽のイベント「リボーンアート・フェスティバル」が宮城県石巻地域を中心に開催中だ。アート部門では、津波で被災した石巻市の老舗の映画館「日活パール」を会場とし、アーティストの視点から劇場を再構築した作品が展示されている。

 かつて歌舞伎座だった同館は、1950年代に洋画専門館から日活のチェーン劇場となり、80年代からはロマンポルノやピンク映画を上映する成人映画館として、石巻の劇場文化を支えてきた。大地震による津波で浸水したものの、館主と劇場ファンの熱意によりわずか3カ月後に営業再開、大人の文化と娯楽の場としての明かりを灯し続けたが、今年6月に惜しまれつつ閉館した。

 エントランスをくぐると、壁には手書きの宣伝コピーに成人映画のポスター、石原裕次郎主演「何か面白いことないか」、小林旭主演「投げたダイスが明日を呼ぶ」の日活映画のノボリなど、営業当時のレトロな雰囲気が残され、館内には往年の洋画ポスターや映写機も。年季の入った温かみのあるロビーからは、館主の思いと劇場を愛した観客たちの息遣いが感じられる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >