2017/08/18 06:00

大林宣彦監督が幻の脚本を映画化した「花筐」12月16日公開!予告編&ポスターも入手

漫画家・森泉岳土がイラストを 担当したポスター (C)唐津映画製作委員会/PSC 2017
漫画家・森泉岳土がイラストを 担当したポスター (C)唐津映画製作委員会/PSC 2017

 [映画.com ニュース] 大林宣彦監督が作家・檀一雄の純文学作品を映画化する「花筐 HANAGATAMI」が、12月16日に公開されることが決定。あわせて、大林監督の娘婿でもある漫画家・森泉岳土がイラストを手がけたポスタービジュアルと予告編を、映画.comが入手した。

 本作は、大林監督の商業映画デビュー作「HOUSE ハウス」(1977)より以前に書き上げられていた幻の脚本を、40年の時を経て映画化するもの。“尾道三部作”をはじめ、「この空の花 長岡花火物語」(2011)、「野のなななのか」(14)といった“古里映画”を撮り続けてきた大林監督が新たな物語の舞台に選んだのは、佐賀県唐津市。絢爛豪華な“ヤマ”と呼ばれる巨大な山車を曳き回す同所の祭「唐津くんち」が映画史上初の全面協力を行っており、戦争の時代に生きた若者たちを主軸に、心が火傷するような凄まじい青春群像劇を、圧倒的な映像力で描いている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >