2017/08/18 10:00

フランソワ・オゾン監督によるカラー×モノクロの映像美「婚約者の友人」予告披露

フランソワ・オゾンが未知なる映像体験へ誘う (C)Mandarin Production - FOZ - X FILME Creative Pool GmbH - Mars Films - France 2 Cinema - Films Distribution
フランソワ・オゾンが未知なる映像体験へ誘う (C)Mandarin Production - FOZ - X FILME Creative Pool GmbH - Mars Films - France 2 Cinema - Films Distribution

 [映画.com ニュース] 「8人の女たち」「スイミング・プール」で知られるフランスの名匠フランソワ・オゾン監督の新作「婚約者の友人」の予告編とポスタービジュアルが初披露された。予告は、カラーとモノクロが交錯する映像美が印象的な仕上がりだ。

 過去に「私の殺した男」(エルンスト・ルビッチ監督)として映画化されたモウリス・ロスタンの戯曲を、大胆に翻案したオリジナルストーリー。オゾン監督が初めてモノクロに挑戦し、1919年のドイツを舞台に、戦死した男の謎めいた友人と残された婚約者らによる人間ドラマを紡いだ。

 予告編は、ヒロインのアンナ(パウラ・ベーア)が、婚約者フランツの墓前で泣く見知らぬ男アドリアン(ピエール・ニネ)を目撃する場面から始まる。戦前の仏パリでフランツと友情を育んだという話に癒され、アンナは“婚約者の友人”以上の感情を抱いていく。だがアドリアンは隠していた自らの正体を告白し、謎を残して姿を消してしまう。アンナは、その行方を追いフランスへと旅立つ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >