2017/08/18 15:00

「スパイダーマン」ジョン・ワッツ監督、トム・ホランドの“ある行動”を本編冒頭に反映!

斬新なアイデアを詰め込んだ 本作は大ヒットを記録中
斬新なアイデアを詰め込んだ 本作は大ヒットを記録中

 [映画.com ニュース] 世界累計興行収入7億ドル超(8月17日時点)と大ヒット中の「スパイダーマン ホームカミング」(公開中)のメガホンをとり、2019年公開予定の続編でも“再登板”が噂されている俊英ジョン・ワッツ監督が来日し、作品の舞台裏を明かした。

 スパイダーマンとしてアベンジャーズ入りを目指す男子高校生ピーター・パーカー(トム・ホランド)が、アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr.)の指導のもと、真のヒーローへと成長していくさまを描く。「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」のマイケル・キートンが悪役のバルチャーに扮する。

 ケビン・ベーコンが少年たちを追いつめる悪徳保安官に扮した「COP CAR コップ・カー」で製作陣の目にとまったというワッツ監督だが、本作に携わるようになったきっかけは「マーベル・スタジオのお偉いさんたちに呼ばれたんだ。そのときは、挨拶する程度だろうなと思っていた。当時の訪問パスを記念に取ってあるくらいなんだよ」と明かす。「そうしたら、『新しくスパイダーマンをやろうという企画があるんだが、興味はあるかい?』と聞かれたんだ。その時点で話が出ていたのは、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に帰ってくるということと、ぐっと年齢設定が若くなって、15歳の高校生になるということだけだった」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >